JDNA
  >リンク集  >サイトマップ  >English 
-
日本語ドメイン名協会(JDNA)は日本語ドメイン名の普及促進を目的とし、関連する包括的な活動を推進する組織です

・ JDNAプレスリリース「日本語ドメイン名とRealNames社廃業の関係について」

2002年5月15日

報道関係各位

日本語ドメイン名協会(JDNA)

日本語ドメイン名とRealNames社廃業の関係について

2002年5月13日、米国RealNames社(http://www.realnames.com/)が廃業をアナ ウンスしました。日本国内においてもさまざまなメディアで報道されており、 キーワードサービスの利用者のみならず、日本語ドメイン名利用者の方々にも 不安を生じさせる状況となっています。ここでは、広く一般の方に正しい情報 を伝えるべく、RealNames社の廃業が日本語ドメイン名に一切の影響を与えな いという事実と、現状の日本語ドメイン名の利用方法を解説します。

■ キーワードとドメイン名

RealNames社は、米国Microsoft社との提携により、Microsoft Internet Explorer(以降 MSIE)のアドレスバーに入力されたキーワードからWebサイトへ のナビゲーションを行う「インターネットキーワード」と呼ばれるサービスを 提供してきました。「インターネットキーワード」はその利用形態からしばし ば日本語ドメイン名を含む国際化ドメイン名に代わるものとして使われています。

インターネットキーワードはサービス事業者に登録された名前とURLを結び付 けるサービスで、通常サービス事業者ごとに個別のデータベースを持ちます。 そのため、インターネットキーワードでは参照するサービス事業者ごとに結果 が異なることがあり、インターネット上での一意性は保証されません。一方、 ドメイン名は登録事業者に依存せず、インターネット上で一つの階層構造を持 つ分散型データベース(DNS)に名前が登録されるため、インターネット上で名 前の一意性が保証されます。そのため、ドメイン名はインターネットのインフ ラとして、WebサイトのURLやメールアドレスなど、多くのインターネットアプ リケーションの構成要素として使用されています。

■ MSIEによる国際化ドメイン名利用の仕組み

多くのブラウザは、URLの典型的な部分(「http://www.」や「.jp/」)が省略さ れて入力された場合、それらを補完したり、キーワードサービスやサーチエン ジンを利用したりして、利用者が目的としていると思われるWebサイトにナビ ゲーションする機能を持っています。バージョン5.0以上のMSIEでは、この部 分でRealNames社のキーワードサービスを利用するようになっています(2002年 6月末まで)。

現在、米国Verisign社や日本レジストリサービス社が提供しているMSIEによる 日本語ドメイン名Webサイトへのアクセスは、それらの企業とRealNames社が提 携することにより、MSIEがRealNames社のキーワードサービスを利用する際に 日本語ドメイン名とみなせる形式の文字列をRACE[1]に変換することで実現さ れています。現在のMSIEは日本語ドメイン名をRACEに変換する機能を持ってい ないため、その機能はMSIEの外部で補う必要がありますが、それをRealNames 社のサービスを利用して行っているのです。

ここで重要な点は、実際の日本語ドメイン名の登録有無とは無関係に、変換は機械的に行われるということ、つまり、日本語ドメイン名とRealNames社のサー ビスは完全に独立であるということです。RealNames社の廃業にともない、上 記のMSIEによる日本語ドメイン名Webサイトへのアクセスサービスも終了する ものと予想されますが、MSIE利用者の方々は、RACE変換機能を補う補助プログ ラムを導入することで、日本語ドメイン名 Webサイトへのアクセスを継続する ことが可能です。

現在既に、iClient[2]やmDN Wrapper[3]などの補助ソフトウェアが無料で利用 可能です。また、MSIE以外のブラウザでも日本語ドメイン名のWebサイトへの アクセスは可能であり、日本語ドメイン名対応環境は整いつつあります(現状 の概要については[4]をご参照ください)。

補助ソフトウェアの導入や設定手順については、順次本協会Webサイトでご紹 介していく予定です。

■ 日本語ドメイン名の今後

日本語ドメイン名を実現する技術である国際化ドメイン名のインターネットに おける標準化は、現在最終提案の確認中でまもなく終了することが見込まれて います。標準化終了後は、アプリケーションの対応が進んでいくものと思われ ます。進捗があり次第、本協会Webサイトでご紹介していきます。

[1] Row-based ASCII Compatible Encoding 
draft-ietf-idn-race-03.txt  
(IDNの標準としてはRACEではなくPunycodeが採用される)
draft-ietf-idn-punycode-01.txt  
[2] i-DNS.net社
http://www.i-dns.net/
iClientのダウンロード
http://www.i-dns.net/support_download/downloads/iClient/iClient.html.ja.sjis  
[3] JPNIC 
http://www.nic.ad.jp/
mDNkit download
http://www.nic.ad.jp/ja/idn/mdnkit/download/index.html
日本語ドメイン名運用試験フェーズ2開始について
http://www.nic.ad.jp/ja/idn/phase2/  
[4] 日本語ドメイン名協会講演会
 http://www.jdna.jp/activities/event/020425-speech/index.html
資料「技術解説と標準化動向
http://www.jdna.jp/activities/event/020425-speech/JDNA-demo.pdf  

◆日本語ドメイン名協会について

日本語ドメイン名協会は、後藤滋樹早稲田大学理工学部情報学科教授/JPNIC副 理事長を会長とし、事務局をJPNIC内に置く任意団体です。

---------------------------------------------------------------------------

●報道関係窓口 日本語ドメイン名協会

FAX: 03-5297-2312 
E-Mail: press@jdna.jp

---------------------------------------------------------------------------

日本語ドメイン名協会(Japanese Domain Names Association; JDNA)

住所: 〒101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6階(JPNIC内) 
電話: 03-5297-2311 / FAX: 03-5297-2312    
http://www.jdna.jp/
http://日本語ドメイン名協会.jp/        
--------------------------------------------------